TOP >診療のご案内

気になる項目をクリックして下さい

胸が痛い

階段を昇ったり、早足で歩いたり、重い物を持ったり、寒いところに出た時に胸の圧迫感がある→労作性狭心症の疑い
または、または夜間や早朝に胸の痛みがある→冠攣縮性狭心症の疑い
胸が痛くなる病気には、狭心症以外にも重大な疾患が多数あります。(大動脈解離、肺塞栓症、気胸、肺炎、心膜炎、胃潰瘍、逆流性食道炎など)
心電図、胸部レントゲン、心エコーなどを行います。
必要な場合には連携病院での冠動脈CTや心臓カテーテル検査を検討します

息が苦しい・息が切れる

肺炎、心不全、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺塞栓症、気胸など
が疑われます。  胸部レントゲンや心電図などを行います。

胸がドキドキする、脈が飛ぶ

不整脈の疑い 心電図、ホルター心電図、心エコーなどを行います。
必要な場合には連携病院での電気生理学的検査、カテーテルアブレーションを検討します。

歩くと足が疲れる、足が痛む、足が冷たい

動脈硬化によって足の血管が細くなったり詰まったりする『閉塞性動脈硬化症』の可能性があります。

咳が止まらない

上気道炎でも咳が長引くことがありますが、咳喘息、アレルギー、マイコプラズマ、百日咳、慢性副鼻腔炎、肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、逆流性食道炎、薬剤による咳などがあります。 胸部レントゲン、酸素飽和度測定、スパイロメトリー、心エコーなどを行います。

お腹が痛い

腹痛には緊急性のあるものが含まれます。慎重な触診と場合によっては腹部レントゲン写真や腹部エコーを行います。 必要と判断した場合には連携病院へ連絡をとり、緊急で対応してもらいます。

熱が高い

腹痛には緊急性のあるものが含まれます。慎重な触診と場合によっては腹部レントゲン写真や腹部エコーを行います。 必要と判断した場合には連携病院へ連絡をとり、緊急で対応してもらいます。

めまいや頭痛がある

腹痛には緊急性のあるものが含まれます。慎重な触診と場合によっては腹部レントゲン写真や腹部エコーを行います。 必要と判断した場合には連携病院へ連絡をとり、緊急で対応してもらいます。

お問い合わせ

トップに
戻る